*

外壁塗装のチョーキング現象ってどんなもの?

   

チョーキング現象

外壁の塗装施行を頼もうと思ったときに、外壁の塗装の色々を調べるとは思います。

そんな時に、外壁業界の様々な用語を知る事になるかもしれません。

そのうちのひとつに、チョーキング現象というものを知る可能性があります。

 

このチョーキングなのですが、楽器のギターでの意ではなく、チョークの粉の方のチョークです。

壁を触った時に、パラパラっと白い粉が落ち、そしてついてしまう事があるかもしれません。

これが、チョーキング現象と呼ばれるものです。

 

実際、触るだけでも分かるので、素人にも分かりやすく、この現象が起きてきたら、外壁の塗装のサインと考えても良いかもしれません。

普通の汚れと勘違いしてしまいがちなのですが、これはチョークが手についたような、そういった擦った感じの汚れとなります。

大丈夫かとたかをくくっていると、すぐにカビが生えて来たり、ヒビが入ってきたりと、それなりにトラブルを誘発するシグナルでもありますので注意です。

 

劣化が激しければ、激しいほど、当然この外壁の塗装の料金は高くなっていきますので、こちらも把握しておくと良いでしょう。

 

もし、新しく業者の施行をしてもらい、数年でこうなったらミスと考えられます。

業者選びこそ、真剣に考えておくべきなのですね。

出来れば各社の見積をしっかりと比較し、外壁塗装の優良業者を探すようにしましょう。
 

業者を決める前はコチラを必見!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

外壁塗装で損しないために知っておきたい4つのこと!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です