*

外壁塗装のゴンドラ工法ってなに?

      2015/09/15

ゴンドラ工法

外壁塗装のゴンドラ工法って一体なんのこと?

初耳の方のためにも、ここで簡単に紹介していきます。

まずゴンドラ工法というのは無足場工法の一つです。

足場を組みたてずに屋根から吊るしたゴンドラに作業員が乗って作業を進めていくものです。

ゴンドラは1人用のチェアゴンドラ(座りながら作業)、2人用のデッキ型(立ち作業)ゴンドラなどあります。

ゴンドラ工法のメリットは足場を組む時間が要らないので短期間で外壁塗装を終えることが出来ます。

これは急ぎで外壁塗装をやってほしい時はほんと助かります。

足場代は結構な費用がかかるんですが、ゴンドラ工法にすることでずいぶん安く済むみたいですよ。

あとは1日のほとんどを家で過ごす専業主婦さんたちにとってもゴンドラ工法はうれしいもの。

足場を組んで外壁塗装を行うと「洗濯物を外に干せない」という悩みがでてきますが、ゴンドラ工法にすることで圧迫感もなくいつもの暮らしとほぼ変わりません。

また、足場を組むとアパートやマンションの外壁塗装だと「作業員でない人(いわゆる泥棒)が勝手に上って家に侵入してくる恐れもあります。

しかしゴンドラ工法だといつも上に登れるわけではないので、外部から侵入者を防ぐことが必然的に可能になります。

これならプライバシーも守れて安心というわけです。

そのほか、マンションでの通常足場設置のときに厄介なのが「駐車場に止めることができず臨時駐車場」に停めたり、下手すれば1時間単位で
料金が発生するコインパーキングに停めなければならなくなることもあり、結構な迷惑になる場合もあります。

しかしゴンドラ工法であれば車両が通れるスペースができ、いつも通り駐車が可能となります。

短期間でお金も安く済むほか、いつも通りの生活を送ることができることがゴンドラ工法のメリットといえるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です