*

外壁塗装のヘッドカット処理ってどんな効果があるの?

   

外壁塗装のヘッドカット処理

ヘッドカット処理は外壁を塗装する際の「玉吹き」の仕上げとして行う作業工程です。

凸部処理、いわば壁の表面の「盛り上がった部分をならす」工程ですね。

まずローラーによって凹凸を平らにする!

「玉吹き」は、粘着性のある塗料を吹き付けることで、外壁を仕上げる処理なのですが、その表面には凹凸ができます。

玉吹きの名前からも分かる通り、ボツボツと表面に汗をかいたような形状になっています。その塗料が柔らかい状態の内に、ローラーでならすして表面を滑らかにする処理が、ヘッドカット処理です。

凹凸がありすぎると、汚れが溜まる原因ともなるため、かなり平らにしてしまうケースもあります。

塗装を削りとってしまうことも!?

ヘッドカット処理によっては、粘度の高い塗料をならすだけでなく、削りとって平らに仕上げる場合もあります。

サンダーで凸部分「出っ張った所」だけを丁寧に削り、「見た目には模様になっているが表面としては滑らかになっている」といった仕上げを行う場合もあります。

どの「ならす」「削る」のケースであっても、下地となる塗料を過度に落とさず、塗料面をある程度キープする必要があります。

また、リフォーム時には「修繕する部分と元の状態のままの壁に差」ができるので、上手くヘッドカット処理でわからなくするケースもあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です