*

外壁塗装工事って固定資産維持の経費になる?ならない?

      2015/02/28

E3818AE98791

固定資産税というのは、なかなか生活していく中でバカになりません。

さらに、外壁の塗装などは資産の価値を継続させていくための、大切な工程となりますし、出来る事であれば固定資産維持の経費となっていけば、助かりますよね。

実は、ちゃんと外壁塗装工事も固定資産を守るための、維持メンテナンスの一環として見なされます!

しかし、ここで注意が必要となっていきます。

メンテナンスとして、この外壁の塗装を行うのであれば良いのですが、頻度によりきり、認められない場合もあるので注意が必要なのです。

その理由として、ただ見た目を良くしたり、気分で外壁の塗装工事をした場合は、やはり固定資産を守るためとは見なされません。

固定資産の維持として、管理として、現状回復という最悪の危機を守るような工事でなければ、結果的には認められないという事です。

この見極めは非常に難しいとされていますが、外壁工事は特例を覗き、一般的には経費として認められるものです。

そのため、この固定資産維持の経費として落としたいのであれば、頻繁に外壁工事をむやみにしない事でしょう。

この辺りは、ちゃんと税理士などと相談しながら、メンテナンスをしていく事をおすすめしています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です