*

外壁塗装の「ゆず肌」ってどんな塗装?

      2015/03/01

yuzu

外壁の塗装を頼もうと思っている方であれば、外壁の事を調べていると思います。

そんな時に、ちょっと気になるワードに気が付くかも知れません。

それが、「ゆず肌」とうキーワード。

ゆず肌って、一体なんなのでしょうか?

このゆず肌なのですが、一言でいうと外壁の塗装における模様の事を差しています。

オレンジピールであったり、ガン肌などとも呼ばれていますが、ゆずのように、凸凹したようなテクスチャーである事から、この名が付けられたと考えられます。

ローラーによるトップコートを行う事で、この質感を作るようですが、基本的にはスプレーで行われる事が一般的とも言われています。

敢えて、こういった加工をすることで、独特の外壁の塗装とするのですが、失敗例としても使われているので注意が必要となります。

例えば、意としない早い乾きなどが起こると、こういったゆず肌のような状態となります。

さらには、あまり腕が良くない業者などが施行することで、意としないゆず肌となる事もあります。

まだらな感覚でゆず肌となってしまえば、非常に見た目も悪いですし、折角の外壁の塗装も台無しですよね。

そういった意味でも、技術力の高い、そういった外壁の塗装業者を利用することが、第一なのではないでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です